HOMEしみ・しわ・イボ

しみ・しわ・イボspot

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 目立つしみがある
  • 濃いしみがある
  • しみを薄くしたい
  • 目尻のしわが気になる
  • しわが多いため、年齢よりも老けてみられる
  • 顔だけでなく、首のしわが気になる
  • 目立ついぼを取りたい
  • いぼを取ってきれいな肌になりたい

しみ

しみとは

しみとは

男性のしみのほとんどは「老人性色素斑」であると言われており、30代以降の男性に多くみられます。
頬や目元などに発生しやすく、加齢とともに数が増えたり、色が濃くなったりします。
老人性色素斑の主な原因は紫外線で、男性は女性と比べて紫外線対策をすることが少なく、化粧の習慣もないため、肌が紫外線のダメージを受けやすい状態にあります。

老人性色素斑以外にも、にきびや吹き出物、虫刺されなどにより肌で炎症が起きた時にできる「炎症性色素沈着」も多く、髭剃りをする顎のまわりにできやすいのが特徴です。
髭剃り後のカミソリ負けなどをそのまま放っておくと、消えにくいしみとなることもあります。

しみの種類

老人性色素斑

輪郭のはっきりした5~20mm程度の大きさの黒っぽいしみです。
主な原因は紫外線や加齢で、加齢とともに色が濃くなったり、大きくなったりすることがあります。
顔のほか、手の甲、前腕など、紫外線の影響を受けやすい部位によく現れます。

そばかす(雀卵斑)

正式には「雀卵斑(じゃくらんはん)」と言い、頬や鼻のまわりなどに現れる左右対称の小さな色素班です。
遺伝的要素が強い症状で、通常、思春期ころから目立ち始め、年齢とともに軽快する傾向にあります。
顔だけでなく、手、背中、肩などにも現れることがあり、紫外線が強くなる春から夏にかけて色が濃くなり、冬になると目立たなくなるという特徴があります。

肝斑(かんぱん)

顔に現れる淡褐色のしみです。形が肝臓に似ていることから、こうした名前で呼ばれています。
目の下、頬、鼻の下などに左右対称に現れることが多く、輪郭がはっきりせず、広範囲に広がっているように見えるのが特徴です。

炎症性色素沈着

にきびや肌荒れなどにより肌に炎症が起こった後に発生する色素沈着で、色は褐色や黒褐色など様々です。
顔以外にも、全身にできる場合もあります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADMとは「Acquired Dermal Melanocytosis」の略で、「後天性真皮メラノサイトーシス」と呼ばれています。
成人以降に頬や額などに現れ、色は灰色、灰褐色、茶褐色、濃褐色など様々で、大きさは1~3mm程度です。
そばかすや肝斑と混在していることもあり、判別がむつかしいという特徴があります。

しわ

しわとは

しわとは、肌の表面にできる細い筋目のことです。
加齢による肌の老化、角質層の水分不足、弾力不足などが原因で発生します。

しわの種類

表情じわ

表情筋の収縮により、眉間、目尻、口元、額などに生じるしわです。

たるみじわ

筋肉の衰えや、皮下脂肪の重みなどにより肌に負荷が加わり、皮膚がたるむことで生じるしわです。

乾燥じわ

加齢にともなう角質層の水分不足などにより、肌が乾燥して生じるしわです。
目元や口元など、皮脂の分泌量が少ない部位にできやすいとされています。

いぼ

いぼとは

いぼとは、肌の表面にできる小さな突起物のことです。
ウイルス感染によりできるいぼと、加齢によってできるいぼとに分けることができます。
ウイルス性のいぼは人に感染する可能性があるため、早目に適切な治療を受けられることをおすすめします。

いぼの種類

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

ウイルス性のいぼです。傷口などからウイルスに感染することでできます。
顔や首のほか、外傷を負いやすい手足の関節などによくできます。
放置するといぼが増えたり、大きくなったりします。

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)

「水いぼ」とも呼ばれるウイルス性のいぼです。
破れるとウイルスが飛び散るため、他の人に感染しやすいという特徴があります。

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

加齢によってできるいぼです。色は黒色から黒褐色で、発生当初は1~2mm程度の大きさですが、徐々に大きくなります。
顔、頭皮、手の甲など、皮脂腺の多い部位にできやすいとされています。

しみ・しわ・いぼの治療

デルマトロン

中周波域の極めて微力な電流やレーザーにより、しみやいぼ部分の表皮を軽く焼いて除去します。
チリチリとした痛みがありますが、薄いしみであれば1~3回程度の治療で消失させることが可能です。
1回の治療では十分な効果を得ることは難しく、複数回治療を受けることで徐々にしみやいぼを除去していきます。
治療は1ヶ月に1回程度の頻度で受けて頂くことができます。

治療後の注意

  • 治療後、かさぶたができる場合がありますが、通常、4~5日程度、遅い方でも1~2週間程度で自然に剥がれます。絶対に自分で剥がさないようにしてください
  • しみは一度黒くなってから薄くなります

QスイッチYAGレーザー

しみの原因となるメラニン色素に選択的に吸収される光線を使って、しみを改善させます。
色が濃くて目立つしみ、他の治療では改善しなかったしみなどに効果的です。

治療前の注意点

治療部位が日焼けしていると十分な効果が得られない場合がありますので、日焼けをしないように注意してください。
また、治療後も日焼けをしないように注意する必要がありますので、ゴルフなどのアウトドアスポーツで日焼けをすることが多い方は、紫外線の少ない11~3月ごろに受けられることをおすすめします。

治療時の注意点
  • レーザー照射後、若干の痛みがあります(輪ゴムで弾いた程度)
  • レーザー光を直視すると危険ですので、ゴーグルをかけて治療を行います
治療後の注意点
  • 治療後は軟膏を塗って、ガーゼで覆います。治療当日はガーゼを濡らさないように注意してください。その後、1~2週間程度、患部に軟膏を塗ってガーゼの交換をして頂きます
  • 洗顔など、患部を洗う場合は擦らないように注意してください
  • 数日後、かさぶたができる場合がありますが、絶対に剥がさないようにしてください。無理に剥がすと跡が残る場合があります
  • 治療後は日焼けをしないように十分注意してください。
    ゴルフなどのアウトドアスポーツで日焼けをすることが多い方は、紫外線の少ない11~12月ごろに受けられることをおすすめします。
    治療直後はガーゼで遮光して、かさぶたが剥がれた後は、日焼け止めを塗るようにしてください。
  • 治療効果は2週間後に判断します。
    必要に応じて追加照射を行います。
    ただし、同じ部位の治療は3ヶ月後以降になります。
治療によるリスク
  • レーザー照射の反応で、一時的に(重度の場合には1年以上)色素沈着が起こることがありますが、ほとんどの場合は塗り薬やイオン導入などにより徐々に薄くなります
  • その他、ほとんど起こらないとされていますが、学会で報告されているのは「一過性の表皮びらん」「眼瞼のむくみ」「色素脱失」「発赤(ピンク色)の持続」「潰瘍」「瘢痕」などです

RF治療

コラーゲンの活性に効果的なRF(高周波)を照射することで、額、目尻、頬、口まわりのしわやたるみなどの改善をはかります。
熱の力で肌にハリを与えるため、お顔全体のリフトアップ、加齢にともなう毛穴の開きなどの改善にも効果を発揮します。
治療にともなう痛みはなく、ダウンタイムもないのが特徴です。

治療期間
  • 3~4週間おきに最低3~5回程度の治療が必要です
  • 5回目の治療後、より効果を持続させるために、2~3ヶ月に1回程度通院してください
  • 治療回数はあくまで目安で、回数に制限はありません
  • 治療後、2~3ヶ月程度かけてゆっくりと効果が現れます
治療が受けられない方
  • ペースメーカーを使用されている方
  • 中等度以上の糖尿病の方
  • 患部に金属プレートなどを使用されている方
  • ロシアンリフトなど、すでにたるみ治療にて金糸などを使用されている方
  • 歯の矯正をされている場合には、お口まわりを避けて治療を行います

料金

※価格はすべて税抜表示です

     
デルマトロン 針代金 1,000円
しみ・いぼ 1個 5,000円
しみ・いぼ 10個 10,000円
しみ・いぼ 11~30個 15,000円
麻酔クリーム 5g 1,500円
※麻酔クリームをご使用になられる方は、治療開始時間30分前にご来院ください
麻酔テープ 1枚 110円
※ご自宅で貼ってからご来院ください
QスイッチYAGレーザー 7.6.2.1. しみ 直径1.0cm未満
※注 男性の場合はカウンセリングと同一日に施術を予約されてもカウンセリング代は別途必要となるますので、ご注意下さい。
10,000円~
※1mmごとにプラス1,000円
サージカルテープ 400円
塗り薬 200円
マスク 150円
RF治療 1回:20,000円